読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンフランシスコで英語の学習機会を増やすためにやった3つの事

SF滞在中の目標の中で”英語を上達させる”と、高らかに宣言して早一ヶ月半。これまで私がサンフランシスコで英語の学習機会を増やすためにやったことを3つ紹介したいと思います。

Meetupへの参加

まずはMeetupの積極的参加ですね。以前ブログ内でも紹介しましたが、サンフランシスコ内では主に言語交換を目的とした英語に関するMeetupがかなりたくさんあります。
日英の言語交換や、単純に英語だけ会話しましょう的なものから、ただの飲み会まで様々です。
そこに積極的に参加することで、英語のアウトプットとインプットの量を増やすことができます。
また、英語の勉強法の情報交換なんかもできるので、英語を上達させる意味では非常にメリットが大きいと思っています。
同じ英語を勉強している人間同士ということで仲間意識も生まれやすく、友達を見つけやすいのも良い点の1つかもしれません。
私観点で、サンフランシスコ内のMeetupで比較的馴染みやすいもののリンクを貼り付けておくので、参考にしてみてください。

Nihongo Moriagari: Japanese Language Meetup (San Francisco, CA) | Meetup
Free English Conversation For International Students (San Francisco, CA) | Meetup
ILSC English Experience (San Francisco, CA) | Meetup

デーティングアプリの利用

TinderHappnなどを利用して、あわよくば外国人の彼女を見つけるのもひとつの手段です。 「その言語を学ぶのに一番の近道は、その言語を喋る異性と恋人関係になること。」とはよく言ったもので、まがいもない事実だと個人的には思っています。
恋人関係になるためのひとつのアプローチがデーティングアプリの利用になると思いますが、まあ結論から言うと、自分の場合はほとんど効果なしです 笑
マッチはしてもあまり会話が盛り上がらないので、なんの勉強にもなりません。私がデーティングアプリで効率的に勉強するには、別の何かの勉強が必要と思われます。。
色々な意味で自信のある方はぜひ試して成果を教えてほしいです(切実)
アプリもいくつかあるので自分の趣向に合わせて、選んでみてください。(以下参考)

The 8 Best Dating Apps for 2017 | Digital Trends

カウチサーフィンの活用

カウチサーフィンがどれほどの市民権を得ているか謎ですが、簡単に説明すると、カウチサーファーとは、人の家にあるカウチ(ソファ)を寝床にしちゃう人たちのことで、カウチサーファーと寝床となるカウチを提供するホストをマッチングさせてくれるウェブサービスが以下のサービス。 www.couchsurfing.com

で、私が実践しているのは、サーファーをホストする側。幸い今住んでいるアパートメントがまあまあな広さで、素敵なカウチもついているので、サンフランシスコに来てからホストをしてみています。
知らない人を家に入れるのは多少は抵抗はありますが、やってみるとなかなか楽しくて、すでに5人のカウチサーファーをホストしてきました。
英語の学習機会に対する貢献は絶大で、一緒にいる時間が長いこともあり、否応にも話さなくてはいけないので、英語の使用頻度は劇的に増えます。
また、生活する上で必要な生の英語を使う機会が増えるのも、良い点と言えると思います。
今のところ変な事も起きていませんし、ややストレスを感じることもありますが、意外となんとかなるものですし、英語を使えること以上に色々な人に会えることが楽しいです。
ということで、私はカウチサーフィンのホストを1番オススメします。(結構人を選びそうですが、、)

最後に

以上が私が英語の学習機会を増やすためにやっている3つのことになります。
海外に来てみたけど、意外と英語を使う機会がない。というような方はぜひ上記のアプローチを試してみてください。
もちろん、これ以外にも発音や語彙を増やすための自宅学習なども併せてやらないと、思うような効果はでてこないと思いますので、上記の取り組みと併せて自宅学習も行うようにしましょう。